Egon Zehnder
Search
Select region
Close filter

Kohei Onozaki is active in Egon Zehnder’s Health and Public and Social Sector practices. He works with top executives at Japanese health-care and medical institutions.

My mission is to make the world healthier by developing leaders who have a passion to improve society.

Before joining Egon Zehnder, Kohei was President of the Health and Global Policy Institute. Previously, he was the Vice President of Corporate Affairs and Legal at the pharmaceutical firm AstraZeneca. Kohei has also worked at Johnson & Johnson.

Kohei has a BA in law from Hosei University and an MS in health policy and management from Harvard University’s School of Public Health. He is Health Policy Advisor for Japan’s Ministry of Health, Labour, and Welfare and has served as a member of several government committees, including the Secretary General of the Health Care 2035 Advisory Panel. When not working, he enjoys gardening with his children and is passionate about helping disadvantaged people and communities.

ライフサイエンス&ヘルスケア、公共セクターのコアメンバー。ヘルスケア業界を中心に、組織改革、後継計画、経営人材の評価・育成・採用などに従事。

米医療品企業ジョンソン・エンド・ジョンソンで約10年に亘り営業、マーケティング、事業企画等に従事。米国留学を経て2007年に非営利・独立系シンクタンクの日本医療政策機構に参画。医療政策担当ディレクター、事務局長代行として政策提言や政策研究に従事。その後、2011年より英製薬企業アストラゼネカ執行役員コーポレートアフェアーズ本部長(法務・広報・政策担当)。危機管理、BCP(事業継続計画)、組織改革などの全社およびグローバルプロジェクトをリード。 2014年より日本医療政策機構理事。非営利組織のマネジメントのほか、政府、国際機関、企業等と多数のプロジェクトを企画実行。 政府においては2015年より厚生労働省保健医療政策担当参与を務めるほか、厚生労働大臣の私的懇談会「保健医療2035策定懇談会」事務局長、「子どもの医療制度の在り方等に関する検討会」委員などを務める。趣味は家庭菜園での野菜作り。

94年 法政大学 法学部法律学科卒業 06年 ハーバード公衆衛生大学院 理学修士(保健医療政策)

My Areas of Focus

What We Do

Industries

Back to top