Egon Zehnder
Search
Select region
Close filter

Toru Kaihatsu is the Japan leader and the Asia and Pacific coleader of Egon Zehnder’s Health Practice. Based in Tokyo, he has deep expertise in executive succession planning, global leadership development, and management appraisal. Toru advises clients in the life science, health care, and chemical industries. He is also active in Egon Zehnder’s Industrial and Financial Officers practices.

When people become happier after finding new career opportunities or rediscovering themselves through assessment and coaching, I feel rewarded and satisfied.

Prior to joining Egon Zehnder, Toru was an Engagement Manager with McKinsey & Company, working with clients in chemicals, semiconductors, and high-tech.

Toru has a Bachelor of Engineering in applied chemistry and a Master of Science in materials science from Tokyo University, and an MBA from Sloan School of Management at MIT. He cotranslated Real Leadership: Helping People and Organizations Face Their Toughest Challenges, by Professor Dean Williams at Harvard Kennedy School, into Japanese. He is a flautist and finds inspiration in music.

開発徹はエゴンゼンダーのヘルスケア・プラクティスにおける日本のリーダーであり、またアジア太平洋地域の共同代表を務めています。日本企業および外資系企業における社長や経営陣の後継計画、グローバルでのリーダー育成、経験や能力に留まらず内面にまで踏み込んだ人材評価、そして事業課題や企業風土を深く理解した上での経営人材の外部招聘にて、豊富な経験を積んでおります。専門はヘルスケア業界と化学・素材業界であり、また同時にCFOプラクティスのメンバーとして、財務・経理機能に関しては業界横断で担当しています。

目の前の人が、より自分らしく活躍できるキャリアに出会えたり、アセスメントやコーチングを通じて自分を再発見し、よりよい自分に変わる勇気を持てたりするのを見るにつけ、この方が幸せになる役に立てたのかな、ととても嬉しくなります

エゴンゼンダーに入社する前は、開発はマッキンゼー・アンド・カンパニーにてエンゲージメント・マネジャーとして、化学・素材業界やハイテク業界など幅広い分野でコンサルティングを行っていました。

開発は東京大学工学部 応用化学科を卒業し、東京大学大学院 新領域創成科学研究科 物質系専攻にて理学修士を取得しました。またマサチューセッツ工科大学(MIT) スローン経営大学院にて経営学修士(MBA)を取得しています。ハーバード大学教育大学院のロバート・キーガン教授による自己変革手法 Immunity To Change (ITC) の認定コーチであり、またハーバード大学ケネディスクールのディーン・ウィリアムズ教授の『リーダーシップ 6つの試練 (原題Real Leadership: Helping People and Organizations Face Their Toughest Challenges)』の共訳者です。フルート奏者であり、音楽がインスピレーションの源泉となっています。

My Areas of Focus

What We Do

Industries

Back to top